お客様から頂くよくある質問

お客さま頂いたよくある質問にお答えします。

  • もしもの時に備えてやるべきことは?

    おかげんがよろしくない時、たくさんのことが頭に思い浮かばれるかと思います。ご親戚や関係者への連絡・寺院様への手配・葬儀の規模や形式の決定等、しなければならないことが沢山あります。
    また、寺院様へのお布施や葬儀費用も準備しておく必要があります。
    その為にも、お元気な間に葬儀社へご相談にいかれるのは良い方法の1つです。事前にご相談されることで、ご親戚へのご連絡や寺院への手配・葬儀費用をあらかじめ確認することができます。

  • 参列するのは通夜・告別どっちがいい?その時の服装は?

    以前は、通夜を近親者で行い、一般の方は告別式に参列していました。しかし最近では仕事などの都合で告別式よりも通夜に参列されるのが主流となってきています。
    もちろん、通夜・告別式両日に出ることはいけないことではありません。
    基本、男性はブラックスーツに白いシャツ、黒いネクタイにし、女性は黒で地味なデザインのワンピースかスーツがいいです。アクセサリーなどつける方々もいらっしゃいますが、結婚指輪以外は控えたほうがよろしいです。つける際は「2連もの」、「重なる」意味をもつものは特に避けるようにしましょう。

  • お参りの時、お焼香は何回あげる?

    あげる回数は宗派によってことなります。心を込めて1回であげる方や3回お焼香される方もいます。
    葬儀を行っている宗派に合わせてお焼香されるのもいいですし、自分の宗派の作法にのっとってお焼香をされてもいいです。
    大切なのはお気持ちを込めて弔っていただくことです。

  • 役所手続きはどうしたらいいですか?

    病院・自宅で亡くなられても「死亡診断書・死亡届」というものが医師から渡されます。「死亡診断書・死亡届」の必要事項を記入し市役所へ提出しなければなりませんが、役所手続きは代行させていただいています。必要事項だけ記入していただきますが、私たちのほうでご案内いたします。

  • 無宗教でもお葬式はできますか?

    無宗教の方でもお葬式をすることはできます。式場で故人様とご遺族様でお別れの場をご準備するために、様々なかたちをご提案できます。

※その他、様々な疑問でも当社スタッフがご回答致します

いつでも・どこでも・どんなことでも
皆様の「万が一」に備えて、セレモニーきうちにご相談ください。

お客様
満足度

96%

相談無料 秘密厳守 無理な営業活動は一切しません 葬祭ディレクター・相続診断士も多数在籍しています

いつでも・どこでも・どんなことでも
お気軽にお電話ください。

0120-52-4441電話相談
割引 会員制度 LINE配信中